トップページ > 品質への取り組み

QUALITY CONTROL安心・安全で高品質な製品提供のために

大切な”安心””安全”を守り、高品質な製品を提供します

食の安全への意識が高まる中、
当社も安全で高品質な製品づくりのために改善を進めています。

製品そのものの品質を追求するのはもちろん、
安心してお召し上がりいただけるという大前提を守るため、
衛生管理・品質管理に努めています。

SAFETY食の安全

工場入室時には会社規定の作業着を着用し、
エリアごとに靴を履き替え、衛生的な環境を保っています。
また、粘着ローラーとエアシャワーによる付着物の除去を行い、
工場内への異物持ち込みを防止しています。

当社では、だし・スープ・粉末飲料など様々な製品を製造しており、
扱う原料も多種多様です。
その中には食物アレルギーの原因になるものもあるため、
アレルギー物質の研修も行っています。

アレルギー物質の混入だけでなく微生物汚染や他製品の混入を防ぐため、
製造終了時や製品の切り替え時には室内・設備を清掃・洗浄しています。
また、製品の微生物検査や官能検査を行い、
安全性を確認しています。

万が一のトラブルの際にも迅速に対応できるよう、
原料から最終製品までの記録を残し、
原因の追求や製品の追跡を速やかに行える体制を整えています。

IMPROVEMENT品質へのこだわり

当社で製品品質の維持、向上を担当しているのは品質管理部です。

高品質な製品をご提供するため、製造中の製品をサンプリングし、
水分値・見かけ比重・粒度分布などを測定しています。
その結果をすぐに製造部に報告するだけでなく、
製造中の状況も確認しています。

製造部では測定結果を参考に製造条件を常に見直し、
さらなる品質の向上を図っています。

このように品質管理部と製造部が密に連携をとることで、
お客様へ高品質な製品を提供することができています。

CHALLENGEさらなる取り組み

製品への異物混入を防ぐ取り組みの1つとして、製品を詰めるクラフト袋の開発を行いました。
今まではミシンで封緘するクラフト袋を使用していましたが、糸くずが製品に混入するリスクがありました。
そこで、ミシンを使用しないクラフト袋を開発し、工場内で糸くずが発生するリスクをなくしました。
現在、そのクラフト袋は意匠登録が済み、特許出願中です。

意匠登録番号:「登録第1652788号」「登録第1652858号」

『安心』『安全』『高品質』

NEXT > 製品化までについて知るarrow_forward